クリックしたくなる広告の種類~意外と低いコンテンツ連動型広告の認知度

クリックしたくなる広告の種類

 

「ネット広告」についてインターネットコムgoo リサーチが連動型広告について調査した結果が興味深かったので記事にします。

 

【調査対象】

全国10代~50代以上のインターネット ユーザー1,058人。

男女比は男性51.9%、女性48.1%。

年代比は10代16.6%、20代18.1%、30代21.4%、40代15.9%、50代以上28.1%。

クリックしたくなる広告の種類

Q:リンクをクリックしたくなるものを教えてください。(複数回答)

 

バナーや画像、Flash など(バナー・レクタングルなど)」が48.4%で群を抜いて多い

 

検索結果に表示される文字リンク(検索連動型広告)

メールマガジンなどに入ったもの

紹介記事などで扱われているもの(Amazonアフィリエイトなど)

Blog や記事の内容にあった広告(コンテンツ連動型広告)

以上の3つの広告は25%~30%の人がクリックしたくなる広告の種類として回答した。

 
文字ベースの広告よりもバナーや Flash 動画といった目立つものがクリックされやすいようです。

 

認知度が低いコンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広がどの程度クリックされているのか?

アフィリエイターにとって気になるところです。

検索連動型広告についてクリック経験の有無を尋ねたところ、

「ある」という回答は68.4%、

「ない」という回答は19.8%だった。

 

 

コンテンツ連動型広告については、

「ある」が45.8%、

「ない」が26.4%。

 

 

コンテンツ連動型広告とは、そのサイトにあった広告を掲出する事でユーザーの嗜好とメディアの指向とがマッチングした広告のことです。

↓こんな感じのものです。

 

 

↑の広告は、アメーバブログで有名なサイバーエージェントが運営するコンテンツ連動型広告のマイクロアドBTパートナーです。

 

有名なものでいえば、大手検索エンジンのGoogle社が運営するGoogle AdSense(グーグルアドセンス)でしょう。

 

 

検索連動型広告とは、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告のことです。

 

 

「リスティング広告」やクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されることからPPC(クリック課金(PPC:Pay Per Click))とも呼ばれています。

 

ヤフーのオーバーチェアの「スポンサードサーチ」やグーグルの「アドワーズ」が有名です。

 

クリックしたかどうか「わからない」と、検索結果/コンテンツに連動して広告が「表示されることを知らなかった」という回答を合わせると、検索連動型広告が11.7%にとどまったのに対し、コンテンツ連動型広告は27.8%と2倍以上高いという結果でした。

 

 

広告を目にする頻度の調査結果は両タイプの広告間で大きな違いがなく、コンテンツ連動型広告の認知度の低さが目立つ結果となった。

 

 

マイクロアドもグーグルアドセンスもクリックされるだけで報酬が発生するので、初心者にとっては報酬があがりやすいアフィリエイトです。

 

(調査協力: goo リサーチ

 

«  クリックしたくなる広告の種類~意外と低いコンテンツ連動型広告の認知度  »

ブログでは言えないマル秘話はメルマガで公開・・・【プレゼント付き】

とっておきのマル秘情報を【無料】で読める!プレゼントキャンペーン中!

今なら、【5分で分かる!】これからネット副業を始める人が成功するための4つの手順】を無料プレゼントキャンペーン中です。

なかなかブログでは、言いづらいこと・・・

おおっぴらには、公開できないマル秘情報・・・

メルマガだから、ここまで書ける!(書いていいのかっ!?)

▼▼メルマガに登録して無料プレゼントをもらっちゃぉ▼▼
メールアドレス
例)toru1ch@yahoo.co.jp
フリーメール以外をご登録ください。
お名前
(姓と名が同枠)

例)一途 トオル
aaaなどの名前は削除します。
メールアドレスを入力して、送信すると
一途トオルのメールマガジンに登録されます。(購読は無料です)

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。




バイト探し